マルコーポレーションって何?

2019/01/09 ブログ

マルコーポレーションって何?開業起業したわけは?

皆様こんにちわ。創業してから42年が経過しました。当初ガラスや鏡の専門家としてハウスメーカーの下請けをしておりましたが、今では総合リフォームを手がけておりますので7割くらいが施主様直接のお取引です。

起業した動機

若い頃JALにいましたが通勤ラッシュが嫌なのと大きい会社で歯車の一つで格別ドキドキするような事もなく、当時は女性がどんなに頑張っても上司の女性を見ていても限界を感じたことが独立の動機ですね。結局サラリーマンは人間関係である程度の出世はできても退屈で面白くないと感じまして、自分の責任で収入を得たいと決心し、同じ思いだった、結婚したばかりの夫と共同で夫が得意なガラス建材の会社を起業しました。なぜガラス屋かと申しますと、私の希望だった旅行業界は夫が全く知らない業界でしたから避けたいと思いましたし、私は独立起業すれば何の業界でも同じだと思いましたし、全く知らない事を知るという喜びやドキドキ感は生きているという実感があるだろうと思い、夫に協力することにいたしました。

夫が2年間修業したガラスの工事担当で 私は営業と経理担当

創業当初は建築業界について素人でしたので 夫が技術を担当し、私が営業を担当しました。思った通り 面白いを通り越して、しびれるほどのリスクが毎日のようにございました。なにしろ、ど素人の女性の営業です。 売上ゼロ 仕入れ先は夫の知ってる関連の2社だけでスタートなんです。生まれて7か月の長女を保育園に預けて、埼玉県戸田市の作業所事務所からスタートして、近くの建築会社を自転車でくまなく訪問営業しました。戸田市は当時私の両親の自宅がございましたので長女が何かあれば 頼みになると思ったからです。これもリスク保険ですね。

訪問営業先からは 「社長はいません。」とたぶん社長から言われたと思います。とにかく必死です。売り上げが無ければ生活ができません。当時は自分の退職金と夫の退職金と前から準備していた合計1000万の資金だけで

事務所を借りたり仕入れをしたり工具を買ったりで30%はなくなりました。公的資金を借金する勇気がなく、とりあえず自己資金でどれだけできるものかやってみました。今だったら公的資金借りるでしょうね。

不良債権

訪問営業から3か月経過しました。お客様が15軒できました。やっと利益と呼べる資金が少しできましたが、その間、ご近所の材木屋さんの紹介でとんでもないお客様と取引してしまいました。結局250万頂けなかったのです。 この話は長くなりますので拙著 「頑張って小さな会社の社長 」に書いてあります。ご希望の方は このホームページからお申込みください。無料でプレゼントいたします。

 

会社名の変更  丸和からリフォームを目線に入れてマルコーポレーションへ

 

創業7年目で法人成りとなり 株式会社丸和と命名しましたが、すぐに平成になって株式会社マルコーポレーションに改名致しました。マルは英語で欠陥なんですが、当初はMALでもいいと思いました。丸和という会社がどんどんバブルの崩壊で倒産続出で縁起が悪いと感じましたので丸和だけはやめたいと思いました。ただ その頃 私はすでにハウスメーカーのサッシガラスの下請けより、自分で総合リフォームをしたかったので、多くの専門業者を束ねる意味でコーポレーションとしたかったのです。マル以外のほかの名前ですと 今までのお客様がまるちゃんという愛称で弊社を呼んでくださってましたのでどうしても、マルでいきたいと思ったのです。どっちみち人間は100%完全な完璧な人はいませんから私ももともと建築のプロではありませんし、経営者というだけですからね。

 

また建築業界をずっと続けていて、どんな専門家でも建築士でも人によって技量は様々です。一番素晴らしいのは 現場で施工する技術者だということを42年間で感じております。そんな人達の集まりがマルコーポレーションなのです。

それでも マルは愛すべきマルです。MALに愛のLをプラスして今はMALLとしております。MALLは窓の枠とか仲間の枠とも言えるでしょう。

 

弊社マルコーポレーションは愛すべき(人間)素晴らしい職人さん達の結集を意味します。年年 腕の良い人達 心の良い人達ばかりになってまいりました。

 

これからも お施主様の素敵なお住まい造りにリノベーションや改修改装などお役に立ちたいと思います。オフイスや店舗、様々なリフォームの施工例がございます。古くなったり、デザインに飽きたりなさったり、機能的に問題があるとか リフォームなさるお施主様の動機はさまざまです。

 

家相も最低限は気にして

 

なかには リフォームした方がいいと思えるお家があります。それは家相的にこれは最悪だと思うレイアウト お家の中心にトイレや水回りがある家です。その住人はいつも病気に悩まされておられますので アドバイスして差し上げたいのですが、リフォームの営業と間違われてしまうと嫌ですから、このブログを見ていただければ嬉しいと思います。

 

さて長くなりました。理想のリフォームによる住まいやオフイス造りはやはり心のこもったお仕事をする履歴のある職人さんをどれだけチームに含めているかにかかります。42年間 長い経験の中で 誠実なお仕事、責任の持てるお仕事を目標にしてまいりました。

お施主様にお伝えしたいのは 安く見積を出すだけの会社はそれなりだということです。かと言ってすごく高いのはお施主様のご希望には添えません。何事も 価格はそれなりになるということは間違いありません。

では

また 次のブログまでしばらくお待ちくださいませ。