美しいデザインって

2019/01/16 ブログ

本物のデザイン力ってなあに

 

リフォームでデザインをするとき 考えるとき どうするのかなとよく聞かれます。それはさいたま市民に対してだけではなく 全体的なリフォームの価値観ですね。

デザインって 美しいと思うのは やはり多くの人に共感されているもの

あら可愛いとか 素敵ねとか便利ねとか 思われるものですよね。

それをセンスが良いとか言われるけど、リフォームでも結局機能デザインが優れていると評価されるというのが本当にセンスが良いといえるのではないかと思っております。

機能とは 用途を すっきりシンプルに満たしていて それでいて 何か心が惹かれるような 形や色といったところでしょうか。

あるいは合理的で省エネ的であったりそういう付加価値があって リフォームって形だけではなく

動線も考えて 住まう人がより便利になってより機能的になって楽になることでもあると思います。想定外の形になることもあります。

やはり 現在の傾向としては 装飾デザインというよりは機能デザインの力の方が大切なのではないかと考えて、デザインしております。

無駄を省いていながら 少しだけ可愛さを加味するというような 文章でも音楽でも 少し エッセンスがあるというような さりげなさがプロの技と

言えると思います。

リフォームでは アクセントアクセサリーになる 小さな面積の遊びが少し あれば あとはできるだけすっきり モダンに 作るのがプロ。

どうしても構造的には耐震や耐久性は必要不可欠なのですが デザインも

飽きの来ない事が大事です。それはデザインの耐久性ですね。

いろんなことを含めて考えながら デザインしております。