事業の経営戦略のパラドックス

2020/12/17 ブログ

事業を成功させるための戦略のパラドックス

 長い間 経営していて思う事は いつも 素晴らしい

経営戦略を考えて発展するはずだった企業の戦略が その

素晴らしさゆえに 失敗する事である。

 素晴らしく優秀な策士が考えに考えて、良い戦略を完成

させたにもかかわらず、意外に 継続できない事が往々にして

ある。其れはクライアントにとって逆に使いにくいという事がある。

 その人物自身に問題が生じたり その人が考え抜いた戦略の

製品などが ある日 突然 凡庸な商品に負けることがある。

それは ルサンチマンだったり、製品に互換性がなかったり、

魅力がなかったりするのである。それが超優秀な製品だからこそ

秀逸だからこそ負ける事があるのだ。

人間でも製品でも なんでも、ハンドルに遊びがなければ

どんなに優れた人やモノでも それは大衆に指示されない事が

ある。過ぎたるは及ばざるがごとし と 昔の格言があるけれど

何事も微妙なメリットが一番良いのであり、寿命が長いのである。

 これは 経営していて 負けるが勝ち だとか 2番煎じが

良いとか やはり一番を継続するのは至難の業である。

魅力的な人は案外 完璧なイケメンではないし、完璧な美人でも

ない。どことなく かっこいいのである。

 オフィスや店舗のリフォームを考えるときに、どこか魅力的なポ

イントを掴む そういう工夫が大切であり、どこもかしこも完璧な

スタイルは疲れる。また、飽きてしまうものである。