母の介護に必要なリフォーム

2021/10/20 ブログ
ロゴ

母の介護でわかるリフォームの重要性

久しぶりの投稿です。7月末から母の介護を始めましたので

とても忙しくなりました。

でも 施設にいるよりは 明るい笑顔が毎日続き、私としては

嬉しい限りです。

朝昼夜の3度の食事と 入浴の補助 就寝

一番きついのは 入浴の補助でしたが 今は慣れました。

仕事をもって家事を完全にこなすのは かなりの重労働ですが

食事については 要領よくこなすことにしました。

いつも様々な品を貯蔵しておいて オードブルのようにいろんな食材を並べます。

少し加工すると素敵なレストラン風なお食事になるのです。

入浴は なるべく自分で洗える部分は洗ってもらって 見守りし、

湯舟には今のところ入れません。シャワーと湯舟のお湯をふんだんにかけて 体を温めますので まったく問題ありません。

当初湯舟にはいって 抜け出すのが大変で reformというか

支え棒か 滑り止めを置くことも考えましたが カビやすくなるの 

で止めました。 浴室は暖房システムのある浴室にしましたので

暖かいのが救いです。今のところ快適です。

 就寝時ですが とにかくトイレに夜回数が多いので 水音や

ドアの閉める音で 隣の部屋で寝る私は 起きてしまい寝不足に

なりました。廊下の間仕切りに防音ドアを付けたのですが100%

完全ではありませんでしたがドアがなかったらもっと聞こえていたでしょう。

 それで 寝る場所を仕方なく一階にしました。

それでも母の部屋はトイレ付ベッド付きテレビ付き 机付ですので

個室としてとても快適にリフォームしています。

母が ゆっくり本も読めて 専用トイレでリラックスしているのは

私にとっても最高です。

 親の介護をするときは 個室を作ること。防音ドアにすること。

浴室は暖房システムが付いているものにリフォームすることが

大事だと思います。

お金が増えたら 壁の防音を考えてみたいところです。